論文・発表

琉球列島における芭蕉布や染織に関する

著書、論文、発表内容などを紹介します。

43 件表示中
リンク内容テーマ
並べ替え 
 
並べ替え 
 
並べ替え 
 
並べ替え 
 
リンク内容テーマ
Characterization of Basho-fu Material from Traditional Degumming Process 野村陽子、佐々木敏雄の芭蕉布の製造工程に関する科学的な研究(英論) 2017 芭蕉布の製造工程 
芭蕉布生産工程における木灰汁の果たす役割 : 大宜味村 喜如嘉を事例にして 『琉球大学農学部学術報告』(64): 13-27に載っている、渦岡 梓・仲間勇栄・陳碧霞の論文(芭蕉布生産工程の灰汁の役割について) 2017 芭蕉布の製造工程 
野村陽子「伝統的製造工程における芭蕉布材料の微細形状変化」Abstract 伝統的製造工程における芭蕉布材料の微細形状変化 2017 芭蕉布の製造工程 
沖縄文化協会東京支部 2016 公開研究発表会要旨集 P.13: 久貝典子「琉球・沖縄の藍の諸相ー鎌倉資料集を手掛かりにしてー」 2016 沖縄の藍 
JFR: 本のレビュー 著書The Origins of Banana-Fibre Cloth in the Ryukus, Japanのレビュー 2010 レビュー 
多々良 尊子「与論の衣生活文化」  多々良 尊子が行った、与論島での芭蕉布に関する調査・研究についての論文(鹿児島県立短期大学地域研究所「研究年報」第42号) 2010 与論島の芭蕉布 
平良美恵子「芭蕉布」 帝国書院の「中学校 社会科のしおり」2010年1月号(2009年度三学期)に載った記事 2009 芭蕉布 
ヘンドリックス、カトリーヌ「琉球列島における芭蕉布のルーツについて」 2008年8月23日 口頭発表 佐敷文化協会主催 2008 芭蕉布 
伊波香織「首里王府の政策にみる芭蕉布について-仕明地における 芭蕉植栽の奨励から考える-」 『史料編集室紀要 第31号』(47-58頁) 2006 芭蕉布 
平良美恵子「喜如嘉の芭蕉布」 繊維学会誌 60巻 12号(558‐560頁)に載っている記事 2004 喜如嘉の芭蕉布 
ヘンドリックス、カトリーヌ「琉球列島における芭蕉布と糸芭蕉について」 2004年3月『沖縄文化』第39巻1号97(51頁-85頁) 2004 糸芭蕉・芭蕉布 
口頭発表「糸芭蕉および芭蕉布を織る技術のルーツについて」 沖縄文化協会2004年度公開研究発表会 2004 糸芭蕉・芭蕉布 
伊波香織「琉球文化圏における芭蕉布の研究―近世、近代の歴史」2004 伊波香織の論文「琉球文化圏における芭蕉布の研究―近世、近代の歴史」(名桜大学大学院言語文化研究領域) 2004 芭蕉布 
Pollefeys, Sharrock & Arnaud著のMusa類の分布に関する研究報告書 Musa類の分布に関する本研究報告書によると、琉球列島を含む日本は、東アジアに見られるMusa類の分布境界線内に位置していない〔PDFの6頁参照〕 2004 Musa類の分布 
ヘンドリックス、カトリーヌ「芭蕉布関係年表」 2004年3月 沖縄文化第39巻1号97(76頁-80頁) 2004 芭蕉布関係年表 
外間みどり「琉球の進貢した扇・蕉布・夏布を賞賜する文書と清単」 外間みどり「琉球の進貢した扇・蕉布・夏布を賞賜する文書と清単- 軍機處上諭檔の道光二年琉球関係史料から-」『史料編集室紀要 第28号』 2003 芭蕉布 
沖縄染織研究会通信 第29号 2003年5月8日 自分の口頭発表「芭蕉布の研究について」   2003 芭蕉布 
ヘンドリックス、カトリーヌ「特殊着の芭蕉布」 2002年度、琉大法文学部へ提出した論文 2002 芭蕉布 
ヘンドリックス、カトリーヌ「八重山諸島に見られる芭蕉織り」 第127回 沖縄・八重山文化研究会の口頭発表 2002 八重山諸島の芭蕉織り 
ヘンドリックス、カトリーヌ 調査レポート「2001年8月5日~13日、奄美大島大和村での調査について」  平成13年度、琉大法文学部人間科学科社会人類学専攻 大島紬と奄美の芭蕉布に関する調査レポート 2001 大島紬・奄美の芭蕉布 
弓削政 「第四節 芭蕉と域内交易」 『喜界町誌』「第7章 藩政時代」の第四節 (pp.297-301) 2000 芭蕉糸 
沖縄県工芸史年表 2000 沖縄県教育委員会 平成12年度文化庁伝統文化総合支援事業の企画展「工芸王国 ー 人・技・心」の印刷物(49‐50頁)に載っている年表 2000 沖縄県の工芸関係年表 
久貝典子「沖縄の染織文化の歴史的背景・古代―鎌倉ノートを基に」Part 2(参考文献) 久貝典子が2000年5月の「第102回沖縄・八重山文化研究会」で沖縄の染織文化の歴史的背景について発表した内容 2000 染織の歴史 
久貝典子「沖縄の染織文化の歴史的背景・古代―鎌倉ノートを基に」Part 1(本文) 久貝典子が2000年5月の「第102回沖縄・八重山文化研究会」で沖縄の染織文化の歴史的背景について発表した内容 2000 染織の歴史 
幸喜新 1999 資料3:沖縄の織物について年表 幸喜新の琉球大学院卒業論文「旧美里村における経浮花織技法の調査・研究および復元」から取り出した沖縄の織物についての年表(資料3、103‐108頁) 1999 沖縄県の織物関係年表 
中原ゆかり「神と交流する芭蕉布の歌」 『装いの人類学』(鈴木清史〔ほか〕編、人文書院)「神と交流する芭蕉布の歌ー奄美シャーマンの巫歌と聖なる布のイメージ」(54-73頁) 1999 聖なる布としての芭蕉布 
池宮正治「琉球服飾史の課題」 『首里城研究』No.4(1998)pp.19-36 1998 琉球の服飾史 
弓削政已「(史料紹介)近世、瀬戸内町の芭蕉と琉球との関係について」 『瀬戸内町立図書館・郷土館紀要』創刊号1998年3月(43-57頁) 1998 芭蕉糸 
小野まさ子「喜久里教達氏新聞切抜資料に見る沖縄の染色技術 -沖縄県工業指導所での染色技術の改良を中心として」 沖縄県史研究紀要 第3号(1997年:11-16頁)。1933年の新聞記事を通して(芭蕉布を含む)沖縄の織物の染色技術の改善指導に関する変遷が分かる。 1997 沖縄の染色技術 
比嘉武吉「特用作物の植付奨励について」 薩摩藩から上納するように命ぜられた上木の中には糸芭蕉があった。 1997 糸芭蕉 
梅木哲人「太平布・上布生産の展開について」 論文「太平布・上布生産の展開について」(高良〔ほか〕編『新しい琉球史像』pp.109-129 榕樹社 1996 太平布・上布 
謝必震「琉球にある中国文化」(『中国福建省・琉球列島交渉史の研究』第一書房) 中国文化の琉球に与えた影響(生活習俗、生産技術、工芸など)についての論文 1995 中国文化の影響 
山里純一「『隋書』「流求國」について―研究史・学説の整理を中心に」 山里純一の論文「『隋書』「流求國」について―研究史・学説の整理を中心に」 1993 『隋書』「流求國」 
名嘉正八郎「15・16世紀並びに17世紀の琉球服飾ー苧布・芭蕉布を中心に」 論文「15・16世紀並びに17世紀の琉球服飾ー苧布・芭蕉布を中心に」『琉球の城』(pp.223-233)アドバイザー 1993 芭蕉布・苧麻布 
上江洲敏夫「染織資料三題」 『史料編集室紀要』第14号(121-136頁) 1989 「衣服定」、紅型、久米島紬 
大阪市立大学生活科学部紀委 第36巻 (1988) 皆川基・原田智子・内山知子による「芭蕉布の染色に関する研究」。本研究で沖縄産車輪梅と琉球藍による芭蕉糸の染色性及び、深みのある色を与える芭蕉繊維の微細構造についての検討。 1988 芭蕉布の染色 
上江洲敏夫「沖縄織物の歴史」「首里織物の歴史(1)(2)」 『首里織の歴史と技法』(那覇伝統織物事業協同組合編)の第1章(上江洲敏夫著「首里織の歴史」)より「沖縄織物の歴史」「首里織物の歴史(1)(2)」(pp. 7-33) 1986 沖縄織物の歴史 
上村六郎「第7章 沖縄における染織の発展」 『沖縄染色文化の研究』(第一書房)の第7章(pp.107-122) 1982 沖縄の染織 
上村六郎「第9章 沖縄古染織点描」 『沖縄染色文化の研究』(第一書房)の第9章(pp.164-173) 1982 沖縄の染織 
辻合喜代太郎「琉球の芭蕉布」 琉球の糸芭蕉の起源、芭蕉糸の採集や芭蕉布の染色や文様についての論文 1978 芭蕉布 
兩千年来我國使用香蕉茎繊維織布考術 1956 張德鈞 約2000年前、中国南部の人々が既に芭蕉布を織っていた事を指摘する中国語の研究論文 1956 芭蕉布 
伊波普猷「古琉球紅型解題」 「古琉球紅型解題」の中に『琉球国旧記』に記述されている「生熟夏布」と芭蕉布の課題を触れる。 1928 紅型 
国分直一・恵良宏編『南島雑話:幕末奄美民俗誌 1』平凡社 1984 (31-61頁) 「大島便覧」(南島雑話)の中の衣服、芭蕉布、織物などに関する記述 1850-1855 奄美大島の芭蕉布 
43 件表示中