第1章:歴史的背景


!! 本章は原本である英論を大幅に省略している !!

 

本芭蕉布研究の原本となる英論は、ベルギーのリューヴェン大学へ提出するという性質上、

主に非日本人向けとなっている。海外大学の日本文化課で勉強している学生であっても、

琉球・沖縄の歴史に触れる機会は殆どないので、原本では歴史的背景を欠かすことができず、

数十項を充てて紹介する必要があった。

 

現在はインターネットの普及のおかげで、琉球・沖縄の歴史を分かりやすく簡潔に解説するページが容易に閲覧できるので、その中から2つ紹介したい。

✾ 沖縄県立総合教育センターのサイト「琉球文化アーカイブ」による「沖縄の歴史

✾ ウィキペディアのページ「沖縄県の歴史

 

本芭蕉布研究の第2章で芭蕉布と関連する一次資料primary sources)より様々な節を引用して検証するので、以下でその歴史的な背景の重要事項だけ簡単に一覧表示する。

琉球・沖縄の歴史区分

重要事項

先史時代(3世紀~11世紀)

(芭蕉布研究と関連すると思われる資料の保存がない)

古琉球(12世紀~16世紀)

1392年以降、中国福建から琉球へ渡来した久米三十六姓が那覇の久米村(現・那覇市久米)に定住する。明帝国により公式に派遣されたこの「久米村人」に加えて、民間商業の目的で非公式に琉球を訪れた中国の人々の数も多大であったと思われている。〔高良〕

1429年頃、三山統一による琉球王国の成立:対外的には独立した王国として存在していたが、外交的に貿易上の理由から、明及び清の冊封を受けていた1866年までに24回の冊封が行われ、一度に数百人の中国人が来琉し、滞在期間は4ヵ月から8ヵ月にも及んだという。その代わりに、中国皇帝に挨拶状と貢ものを捧げ、忠誠を誓い、中国へ進貢贈物を運ぶ進貢船が派遣される。琉球使臣が福州で宿泊する。また、中国皇帝からはその返礼として、貢ぎものの倍以上の商品が琉球側に贈られる。進貢船には、貢ぎものの他に、たくさんの琉球特産品などが積み込まれ、それらを中国で売りさばき、そのお金で中国の珍しい品物や高価な商品を買うことができた。〔高良〕

琉球王国の大交易時代1429年~1879年):小さな王国ではあったが、隣接する大国明・清の海禁や日本の鎖国政策の間にあって、東シナ海の地の利を生かした中継貿易で大きな役割を果たし、その交易範囲は東南アジアまで広がった。『歴代宝案』は琉球王国と明・清王朝や朝鮮のほか、東南アジア諸国との外交文書を集成して、収録期間の1424年から1867年に至る443年間に及ぶ史料的価値が高いものである。

1534年に尚清王の冊封使として来琉した陳侃が那覇の天使館に4ヵ月滞在し、その間に見聞体験したことを『使琉球録』にまとめた。それが最初の冊封使録である。

近世琉球(1609年~1879年)

1637年からは、薩摩支配下におかれた琉球王国は、「掟十五条」による重税である「人頭税」が制度化され、農作物の収穫が少ない年でも納めなければならず宮古・八重山島民は苦しめられた。男は粟、女は貢納布(上布・中布・下布)及び「御絵図帳」を基にした琉球絣による御用布(御召御用布・大和御用布)を納めることが定められた。

1650年、琉球王国初めての正史である『中山世鑑』が書かれた。全6巻があり、和文体である。

1703年、琉球王府が旧記座を設立し、1713年に体系的な最初の地誌である『琉球国由来記』が国王上覧をもって完了された。その後、『琉球国旧記』(1731年)や『球陽』(1745年)も編纂された。

1721年、中国の徐葆光が編纂した『中山傳信録』は、前年に清の外交使節として訪れた琉球の見聞を、皇帝への報告書としてまとめたものである。18世紀の琉球を細かく描いているので、重要な研究資料として知られる。

1734年、三司官であった蔡温が初めて「農務帳」を布達した。耕地管理・年間作業次第など細かな労働過程に立ち入った農事指導がなされている点に特徴がある。

1768年、初めて八重山限定版の「農務帳」が与世山親方によって出された。その後,翁長親方(1857年)、富川親方(1874年)による改訂がなされた。

1771年、八重山では巨大な地震と明和の大津波とよばれる大津波が発生した。死者9400人あまり、住民の3分の1が死亡した。

1850年から、薩摩藩の上級藩士だった名越左源太1855年に薩摩に帰還するまでの5年間、奄美大島で動植物や農耕儀礼、冠婚葬祭から伝説に至るまで島の風土をつぶさに観察し、詳細な図入りの地誌をしたためた。現在、彼が著した奄美大島の地誌を総称して『南島雑話』と呼ぶ。幕末期の奄美大島における第一級の民俗誌として評価されている。

近代沖縄(1879年~1945年)

1872年、廃藩置県の翌年、琉球王国は「琉球藩」となり、琉球国王・尚泰は、明治政府により「琉球藩王」とされた。(第一次「琉球処分」とも云う)

1879年、明治政府は沖縄県を設置し、沖縄諸島を日本領とする。(第二次「琉球処分」)

1899年、「沖縄県土地整理法」に基づき、地籍整備・土地整理事業が実施された。同事業は、宮古・八重山では1902年に、沖縄本島及びその他の離島においては1903年に完了した。

1903年、帝国議会は人頭税廃止を決めた。

1910年、沖縄県立図書館が開館し、伊波普猷が初代館長となる。

1939年、日本民藝館同人は柳宗悦を団長として沖縄における民芸の調査のために9人のメンバーを派遣した。この調査は沖縄の文化が再発見されるきっかけとなる重要な出来事だった。この9人のメンバーの中に田中俊雄がいた。田中はその直後、不慮の事故で死亡したが、1976年に出版される『沖縄織物の研究』の原稿を残していた。

1942年、1920年代に民芸運動を起こした思想家である柳宗悦が『芭蕉布物語』を出す。「今どきこんな美しい布はめったにないのです」という言葉で始まる。

現代沖縄(1945年~現在)

1945年、戦時中破壊を免れた喜如嘉では、早くも米軍の命令により共同作業の一環として芭蕉布の生産が再開される。

1946年、戦前喜如嘉区長であった平良真次の娘・敏子は、戦争中「女子挺身隊」の一員として岡山県倉敷市で働いていたが、戦後、倉敷紡績北方工場に就職する。ここで彼女を始めとする喜如嘉出身者4名は、大原総一郎社長の勧めで織りや染めの基本を学ぶ。柳宗悦の民藝運動に深い影響を受け、帰郷した。喜如嘉に帰ってきた敏子は芭蕉布復興を決意し、戦争未亡人らに生産を呼びかける。

1974年、大宜味村「喜如嘉の芭蕉布」は文化財保護法に基づいて重要無形文化財として国指定される。

1976年、田中俊雄と田中玲子の『沖縄織物の研究』が出版される。

2000年、平良敏子は国指定重要無形文化財「芭蕉布」保持者(人間国宝)の認定を受ける。

  琉球列島における芭蕉布の研究をグローバルな視点から考察するためには、琉球列島の地理的・歴史的背景を調査する必要があった。琉球列島内の狭い視点だけでなく、より広い日本、交易のあった中国、そして東アジアの中での琉球・沖縄の歴史的に変化する状況は、芭蕉布の歴史に直接関連していると思っている。言い換えてみれば、時代とともに芭蕉布の意義が変化してきたと云えるのである。